全身脱毛は今が旬

現在の脱毛業界では、「月額制」という 料金システムを採り入れているところが多いです。

(定額制という言い方をする場合もあります) (ここでは、月額制プランと言います)

この「月額制プラン」には、大きく2種類あります。

1つは、毎月一定額を支払い続け、解約するまでずっと 月額課金されるという、学習塾とかスポーツジム等で よくわるような、所謂フツウの定額制プランです。

(便宜上ここでは、塾タイプと呼びます)

この塾タイプは、何回コースというような、回数を指定して 契約するものではないので、例えば、全身脱毛6回分にかかる費用などは 特に決まっていません。

毎月キチンと通えば、安くすむけど、 ダラダラ通うと、無駄な出費もかさむということになりそうです。

今回、取り上げるサロンで、塾タイプの月額制プランを 採用しているのは、以下の2つです。

●脱毛ラボ
http://datsumo-labo.jp/

●キレイモ
http://www.kireimo.jp/plan/index.html

大抵の場合、塾タイプの月額制プランは、全身の2分の1とか、 4分の1ずつとか、全身を、いくつかのエリアに分けて施術していきます。

(サロンや、プランによって色々あるので、詳細はサロンに要確認)

例えば、全身の2分の1ずつ進めるプランでは、 1ヶ月目で上半身、2ヶ月目で下半身・・・というように 2ヶ月かけて全身を1周するという感じになります。

このパターンの場合は、全身脱毛6回コースに相当する施術回数を 得ようとすると、12ヶ月かかる計算になります。(最短で)

なので、全身6周分の費用は、月額料金の12ヶ月分と言うことが出来ます。

例えば、キレイモの場合、月額9,500円(税別)ですが、 これの12ヶ月分なので、114,000円(税別)となります。

サロンやプランを比較するとき、 料金以外に注目すべきポイントは以下です。

●1回に施術する範囲(全身の2分の1なのか、4分の1なのか?)
●月に何回、施術をするのか?

これによって、全身6周分の施術でも、どれだけの期間がかかるか というのが違ってきます。

(月額料金×月数=全身6回分の費用)

ここら辺が、塾タイプを語る時に、キチンと把握しておくべき部分です。

例えば、 脱毛ラボには、早い、ふつう、ゆっくり、という 3つのプランがあります。

◆ゆったりコース:月額4990円 月に1回。全身の4分の1を施術。
(4ヶ月で全身を1周、6周するには24ヶ月かかる)

◆ふつうコース:月額9980円 月に1回。全身の2分の1を施術。
(2ヶ月で全身を1周、6周するには12ヶ月かかる)

◆スピードコース:月額23000円 月に1回。全身まるごと施術
(1ヶ月で全身を1周、6周するには6ヶ月かかる)

それぞれパッと見の月額料金が違いますが、 よく考えると、全身1周にかかる費用は、ゆったりコースと、 ふつうコースでは同じです。

それぞれのコースが、どういう人に向いてるのか? または、そもそも、どういう人にも向いてない、 選ぶべきでないコースがあるとしたらどれか?

自分なりの考えを述べても良いですし、 いっそのこと、サロンに聞いてみても面白いハナシが聞けるかも知れません。

いずれにせよ、ただ単に「こういうものがあります」というだけじゃなく、

●●な人には、○○コースが向いてるよ。 なぜなら、カクカクシカジカだからね。。。

という具合に、読者のタイプ別に、適したコースを 教えてあげるようにしてください。

ちなみに、脱毛ラボ、キレイモ、両社とも、 回数契約のパックプランがあります。

通い方、施術サイクルが主な違いですが、 それ以外にも、料金や、キャンセル規定など、 地味だけど、あとで効いてくるところに違いがあるので よく確認してください。

特に、キレイモの回数契約のパックプランはお得度が高いです。 (料金以外の部分を要確認)

※上記料金は現在は変更されている場合があるので、  記事を書く際は、最新の金額を調べてください。

もう1つは、全身6回とか、12回とか、回数を決めて契約した総額を ローンで分割払いしていくタイプです。

(便宜上ここでは、ローンタイプと呼びます)

なので、単なるローン払いでしかないのですが、これを「月額制プラン」 というような呼び方をしているサロンが最近は多いです。

「塾タイプ」との違いは、もともと支払い総額が決まっているので、 その金額以上にはお金がかからないというところです。

施術の進め方は、塾タイプは、毎月かようという感じだったのに対し、 ローンタイプの場合は、2ヶ月から3ヶ月というスパンで施術する というのパターンが多いです。

最近は、もっと短いサイクルで施術を進めていけるプランも登場しました。

また、大抵は、1日で全身すべてを施術します。

ローンタイプで気をつけるポイントは「有効期限」です。 「保証期間」という言い方をすることもあります。

仮に、6回コースで契約していても、有効期限内で全身6回の施術を 完了させるように通う必要があります。

ただ、この有効期間が無期限のサロンでは、どんなにダラダラ通っても 契約した施術回数を消化しきれなかったということにはならないので そういう面では安心感はあります。

(とは言え、毛周期を無視して通っても、効果を得にくいと思いますが)

逆に、しっかり有効期限が決まっているサロンでは、 期間内に施術回数を消化できなければ、お金の無駄になってしまいます。

今回、取り上げるサロンでは、以下の3社がローンタイプになります。

●銀座カラー

●シースリー

●エタラビ

この中で、銀座カラーとシースリーはローン金利がゼロ%です。 (支払い総額を何回払いで返済するのかは要確認)

また、この2社は、有効期間が無期限だったと思います。

また、この2社のHPで「月額○○円」という風に打ち出しているのは 施術期間、施術回数が無制限のプランになります。

銀座カラーでは「脱毛し放題コース」という名称です。 シースリーでは「全身脱毛無制限コース」という名称です。

便宜上、ここではどちらも「無制限コース」と呼びますが、 記事内では、各社のサービスの名称は、正しく使うように心がけてください。

どちらもHP上では、月額料金しか書いていないですが、 こういうローンタイプの月額制の場合、月額料金がいくらか? ということだけを言っても、あまり意味がありません。

(なので、サロンHPは殆ど参考になりません)

大事なのは、「結局ぜんぶでいくらになるのか?」という支払い総額です。 なので、この両社の無制限コースはいくらなのか?というのを 調べて貰う必要があります。

シースリーは、あまり変動することはありませんが、 銀座カラーの料金は、キャンペーン等の関係で時期によって、 多少変動することがあります。

なので、銀座カラーの場合は、 具体的な金額はなるべく書かないようにしてください。

「時期によって変動するので、詳しくは公式HPを見てくださいね」

という旨のことを書いてください。

ただ、目安となる金額は書いてもらったほうが読者も イメージしやすいので、ザックリといくらぐらいになるというのは 書いてください。

(税込で、大体30万円台中盤くらいだと思います)

シースリーも大体同じくらいですが、銀座カラーよりも少し安いようです。

銀座カラーもシースリーも、ほぼ同じようなサービスですが、 全身脱毛サービスに含まれる施術部位の違いが、この両社を 比較する時の重要ポイントとなります。

また、施術時の痛みの違いというのも両社の大きな違いです。

以前は痛みが強めだった銀座カラーですが、 最近、採り入れたプレミアムファストパスという施術法は 殆ど痛みを感じないようです。(当社ライターさん体験しました)

それでいて、効果はシッカリでるサロンという位置づけになります。

一方、シースリーも、脱毛効果はシッカリでるという位置づけですが、 施術の痛みは強めです。

以前、野村がシースリーの偉い人に聞いたハナシでは、 脱毛効果を優先する為に、光脱毛として許されるギリギリのところまで 脱毛器のパワーをあげて照射するようにしているとのことでした。

(なので、この2社は脱毛効果の高いサロンという扱いにしてください)

いずれにせよ、 この30数万円という総額を無金利ローンで分割払いしていくのが、 両社の月額制プランということです。

(両社とも回数契約のコースもあります)

銀座カラーとシースリーに関しては、 現在は、「無制限コース」がデフォルトとなっています。

30数万円という金額は安くは無いですが、 無期限・無制限の全身脱毛コースだと思えばコスパは高いです。

(そういう方向でプッシュしてください)

最初から、6回コースでしか契約する気がない人は、 キレイモのパックプランがオススメです(野村が思うに)

だけど、光脱毛サロンの施術では、実際には6回でツルスベに なれるか?というと、疑問を持つ人も少なくないと思います。

最初から、12回とか、それ以上の回数を契約するつもりの人とか、 数年後にまた処理が必要になった時に、新規でどこかのサロンで 契約するのは割高だと思うような人にとっては、 銀座カラー、シースリーの無制限コースはお得度の高い選択肢です。

回数が無制限なうえ、有効期間も無期限で、最初の段階で、 支払い総額は確定していているので、それを無金利ローンで 払い終えてしまえば、あとはお金を払わずに、通い続けて良いわけなので 多く通えば通うほどお得です。

なので、年齢の若い人は、特にそういう部分のメリットを享受しやすいので 少々高いけど、長い目で見たらお得ということで、人気があるようです。

(こういう方向で紹介してください)

●6回でいい人 ⇒ キレイモ・パックプラン
●12回以上通う気マンマンの人 ⇒ 銀座カラーかシースリー

さらに、
少々高くても痛くない方が良い人 ⇒ 銀座カラー

なるべく安く、顔脱毛を含んだ無制限コースがいい人 ⇒ シースリー

という具合に、読者のニーズに応じて、振り分けてください。

(銀座カラーは標準では顔脱毛はナシ。顔つきのコースもあるけど結構高い)

(顔つきの無制限コースでも、顔の施術は12回までしか受けられない)

一方、同じローンタイプの月額制なんですが、エタラビは少し変わっています。

まず、エタラビは無制限コースのようなものがなく、 6回とか12回とかの施術回数を指定して契約します。

銀座カラーやシースリーは、この施術回数で総額が決定し、 その総額を分割払いにすることで、月額料金が決まります。

エタラビの場合は、例えば、6回コースを選択しても、その6回を どのくらいの期間で施術していくか?という、「期間に対して」 金額が決定されます。

エタラビの場合は、まず月額9500円というのが決まっています。

これに、契約期間を掛けた金額が支払い総額になります。

なので、6回コースだから○○円。

というのではなく、

何ヶ月で契約するか?がポイントになります。

6回コースを、12ヶ月で消化していくというプランなら、 9500円×12ヶ月=114,000円(税込)です。

これが、エタラビのHPに載っているもので、 最短の期間で契約すると、この料金も可能らしいですが、 実際にカウンセリングにいって案内されるのは、 18ヶ月で施術を消化していくというプランだったりします。

(なんとなく詐欺っぽいです)

この場合、
9,500円×18ヶ月=171,000円(税込)になります。

同じ全身6回コースでも、12ヶ月で契約するか、18ヶ月で契約するかで かなり金額が違います。

実質的には、171,000円のプランで契約する人が殆どだそうですが、 この金額だと、あまり安いという感じはしなくなってきます。

2ヶ月おきにパッパッと通って、12ヶ月で完了させるという意気込みの人なら、 12ヶ月で完了するプランで契約すると、全身6回で、税込114,000円というのは、 今回取り上げるサロンの中では最安値になります。
(そういう紹介の仕方をしてください)

銀座カラー、シースリーと比較したとき、 エタラビの難点は、有効期間と、ローン金利です。

銀座カラー、シースリーは、施術回数にかかわらず、 有効期間は無期限です(一応、サロンに確認してください)

また、分割払いの金利もつきません。

しかし、エタラビは、そもそも契約金額を決定する要因が「期間」であるので、 まずもって無期限というのはあり得ません。

12ヶ月で契約したら、有効期間は12ヶ月。
18ヶ月で契約したら、有効期間も18ヶ月となります。

スケジュール通りに通えなくて、有効期間内に施術回数を消化できないと、 その分は無駄になってしまうようです。

1ヶ月分だけ追加契約とかも出来なくて、もしやるなら、 また6回コースとしての契約をする必要があるとのことです。

また、ローン金利も、3回目の支払いからつきます。

ハッキリ言って、あまりユーザーにとって良く無いことばかりですが、 こういうことは、エタラビの公式HPだけを見ていても絶対わからないので 読者に教えてあげる必要があります。

こういうことがわかった上で、それでもエタラビを選ぶとしたら、 やはり、12ヶ月で施術を消化するプランでもキッチリ通える人にとっては、 全身6回で114,000円というのは、最安値なので、お得だと言えそうです。

ちなみに、各社の全身脱毛プランに標準で含まれる施術範囲は しっかり把握してください。

エタラビは標準で「顔」が含まれるというのが、ちょっと良いところです。

銀座カラーは、標準では顔は含まれません。 シースリーは、顔か、IOラインか、どっちか選択制が標準です。 (標準に含めなかった部位をオプション追加することは可能です) (6回、13回コースでは含まれる部位が違ってくるので注意)

脱毛ラボは、顔は含んでますが、 その「顔」の範囲をよく確認すると、顔の下半分だけという感じで 中途半端な内容だったりします。

キレイモも標準で顔を含んでいます。

キレイモの顔脱毛は、かなり優秀で、エタラビもこれに近い感じですが、 唯一の違いは、「鼻」を含んでいるかいないか?というところだと思います。

鼻下というのは、よくありますが、「鼻そのもの」というのは キレイモだけだったと思います。

エタラビは、鼻以外はすべて含んでいるので、キレイモよりは ちょっと劣るけど、他よりは、良いかな・・・という感じです。 (顔の施術に関しては)

シースリーは、顔か、IOラインかを選択するスタイルですが、 顔を選択した場合、標準で顔を含んでいるということになりますが、 シースリーの顔脱毛の範囲は不明なので調べてください。

(ちなみに、この場合、IOラインは標準では含まれないということになります)

と、まぁ、現在の脱毛業界を語るときに、 月額制プランの説明は欠かせないものとなっていますが、 これを語る際、最低限、このくらい背景となる知識があると 濃い情報提供コンテンツになると思うので、ここら辺は シッカリ覚えてくださいね。

(これまでのライターさんは、これ全部、自分で調べて貰っていました)

ちなみに、 ミュゼ、エピレは月額制プランというのはやってません。 フツウに回数契約するサロンです。

料金に関しては、最新の金額を調べるようにしてください。

この両社でのチェックポイントは、分割払いする方法です。

両社とも、料金は高めのサロンだと思いますが、 エピレは自社ローンを用意しています。

金利は月利1%と聞いたことがありますが、月利1%というのは 年利にしたらいくらなのかわかりませんが、聞いた感じのイメージほどは お得では無さそうです。

(実際の金利はサロンに確認してください)

でも、フツウにローン払いが利用できるだけマシです。

ミュゼは、ローンの取り扱いがないので、 分割にしたい場合は、クレジットカード決済して、 あとから自分でリボ払いなど、分割の手続きをする必要があります。

クレカの金利は15%くらいが一般的かと思うので、 これは結構な高金利となってしまいます。

また、そもそもクレカを持っていない人にとっては、 分割払いそのものが出来ません。

その他、施術部位に関してもシッカリ押さえてください。

ミュゼは、顔、うなじ、が含まれません。 今時、かなり見劣りする内容です。

エピレは、自分で好きな部位を24箇所だか選択できるという方式です。 その為、顔も施術範囲に含めることができます。

ただ、両社とも、本チャンのコースは高いです。

でも、 お試しプランのようなコースが異様なまでに安いです。

また、このお試しプランを受けても、しつこく勧誘されることもないようです。

なので、このお試しプランだけは、利用する価値アリという方向で 紹介してあげると良いと思います

その他、キャンセル料が発生する条件などは、 実際に通い始めたあとには、結構、大事になってくるポイントなので、 一応、把握しておいた方が良いです。

このキャンセル料の件で、記事の中で、それまで不利な扱いだったサロンを やや有利に見せるということもできたりします。

▼スピード?月額?全身脱毛で気をつけるべきポイントは?

【概要】

【NewTopics】
≪医療用レーザーを使用した永久脱毛≫で人気の湘南美容外科。 医療レーザー脱毛法は永久脱毛なので、個・・・湘南美容外科の効果は?

Copyright (C) 2014 スピード?月額?全身脱毛で気をつけるべきポイントは?. All Rights Reserved. [ admin ]